いつ買取ってもらっても、あまり関係のなさそうに見える本や漫画ですが、買取に出すなら年末や年始は避けるのが無難です。
この時期は、一年の終わりという事で、家の中を大掃除する家が多いです。
その時に、勿論読まなくなった本や漫画が、出てきてしまいます。
「捨てるよりも買取ってもらった方が得だ。」と、買取りに出す人が、多くなっていきます。
そうなると、買取ってくれるお店は、本で一杯となってしまう為、査定をする時、いつもより目を光らせます。
なので、自分の納得いくような値段になる可能性は低いので、この時期は避ける事をオススメします。

本を買取ってもらう時、お店に本を渡す状態となっています。その為、本を自分で確かめる事は、もう不可能といえます。
そこで、本を買取ってもらう時、確認しておきたい事を説明します。

■付属されている物
本の種類によって、「CD」「DVD」といった物が、付属されている場合があります。もし買取りに出すなら、それらが入っているか、確認をしてください、
買取ってもらう時、あるのと無いのとでは大きな差が出てしまいます。

■中身
本に挟んでおく事で、折り曲げる事なく、キレイに保管出来る物があります。また、自分の貯金箱として、お金を挟んでいる人も多いです。
挟んでいる本人は忘れないと思っていても、時が経つにつれて、どこに挟んだのか忘れてしまう人が多いです。
なので、買取りに出そうとまとめる時は、中身を確認しておくようにしてください。

本を買取ってもらう方法は、三つあります。

■お店に直接持っていく
読まなくなった本や漫画を、買取ってくれるお店に直接持っていきます。
査定をしている時、お店で本や漫画を見る事が出来るので、待つのも苦ではありません。

■家に来てもらう
掃除をした時、結構読まなくなった本や漫画が出てきます。その為、買取り出そうと思っても、沢山の量があると、お店に持っていくまで時間がかかってしまいます。
しかし、買取りサービスとして、家に業者の方が来てくれます。なので、重い思いをしなくても、買取ってもらえます。

■郵送
近くに買取ってくれるお店がないと、本を買取ってもらいたくても、買取ってもらう事が出来ません。
しかし、お店に郵送するサービスを利用すれば、近くにお店がなくても、買取ってもらう事が出来ます。

本を買取りに出すには、買取りに出すお店を探す必要があります。
そこで、お店の探し方について説明します。

■まとめサイト
本を買取ってくれるお店を、一つのサイトに載せてくれているのが、まとめサイトです。
まとめサイトを見る事で、インターネットを利用して探す手間が省けるので、効率よくお店を探す事が出来ます。

■タウンページ
タウンページとは、地元にある企業の連絡先が記載されている、緊急時に便利な雑誌です。
雑誌は厚いのですが、ジャンル毎にわかれているので、探すのが簡単です。
また、インターネットで見る事も出来るので、雑誌がどこにあるのかわからない人でも、見る事が出来ます。